練馬義士伝

わしは練馬の武士だれば、たったひとりでもこの旗場背負って戦い申す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

金額計算が合わないときは「2」か「9」で割るといいらしい

帳簿の残高と預金通帳の残高が合わなかったりする場合、その差額を「2」か「9」で割るとどこを間違えたかを素早く探すことができるそうです。

差額が2で割り切れる場合
・プラスマイナスを逆に入力した可能性がある

差額が9で割り切れる場合
・桁を間違って入力した可能性がある、あるいは数字の一部を逆に入力してる可能性がある

具体例を含めた詳細は以下の通り。

「 2 」か「 9 」で割ってみる - ナイトシフト

「2」で割り切れる場合の具体例
・プラスマイナスを逆に入力

 【正】プラス31,400 を【誤】マイナス31,400 と入力してしまってる場合
 【差額】62,800
  ↓
 「 2 」で割ってみる
  ↓
 割り切れた!31,400!
  ↓
 入力した中から、31,400っていう数字をさがす
  ↓
 あった!間違ってマイナスで入力してる!


「9」で割り切れる場合の具体例その1
・桁を間違って入力

 【正】31,400 を 【誤】3,140 と入力してしまってる場合
 【差額】28,260
  ↓
 「 9 」で割ってみる
  ↓
 割り切れた!3,140!
  ↓
 31,400 と 3,140 を桁間違いで入力したのがあるのかも!
  ↓
 31,400 or 3,140 を探す*1
  ↓
 あった!桁が足りない!


「9」で割り切れる場合の具体例その2
・数字の一部を入れ違いで入力

【正】31,400 を 【誤】34,100 と入力してしまってる場合 
 【差額】2,700
  ↓
 「 9 」で割ってみる
  ↓
 割り切れた!300!
  ↓
 100の位と1,000の位を入れ違いに入力したやつがあるのかも!
  ↓
 ついでに言うと、入れ違いになってる数字の差は「 3 」だ!
  ↓
 100の位と1,000の位の入れ違ってるやつがないか探す。
  ↓
 あった!「 1 」と「 4 」が逆になってる!
  ↓
 みんな幸せ。


「9」で割りきれるパターンがちょっとややこしい気もしますが、金額計算が合わないときはとりあえず2か9で割ってみるということだけでも覚えておきたいですね。家計簿を付けたり、確定申告を行ったりなどで役立つ場面が出てきそうです。

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。